STAFF BLOG

スタッフブログ

2021年9月8日

【食洗機の選び方】メリットとデメリットを比較!!

こんにちは!武者です。
今回は食洗機についてお話ししようと思います!

食洗機も気にはなっているけれど、種類がいくつかあってどういう特徴で何を選んでいいのか分からない。
そもそも、食洗機って便利な道具なの?
食洗機に疑問を持っている方もこれを読めば、ご自分のライフスタイルに食洗機が必要かどうかをご判断いただけると思います。
食洗機についてのメリットとデメリットをご紹介していきます。

①食洗機のメリットとデメリット

 

メリット

・家事の時短ができる
毎日忙しく動いている現代人。子育てや仕事をしている方にとっても、時間を有効活用することは永遠の課題です。
そんな中、食洗機が洗い物を代わりにやってくれることで、他の用事に時間と労力を割くことができます。
特に家族の人数が多いご家庭では洗い物の量も多くなり、時間もかかってしまいます。
手洗いをしていた時と比べると、家事に割かれていた時間をぐっと減らし、自由な時間を楽しめます。

・節水効果が高い
食洗機は庫内に少量のお湯や水をため、循環させて食器を洗います。
手洗いでは蛇口の水を流し続けながら、食器のすすぎを行います。
このような違いから食洗機の方が、手洗いに比べて水の使用量が少なく、節水・節約の効果が高くなります。

・衛生的
食洗機は高温のお湯で洗浄をしており、油汚れにも強く、除菌の効果もあります。

・手荒れ防止
冬場の洗い物はお湯を使うことがおおいですよね。
お湯を使うことで、汚れだけでなく手の潤いも一緒に流れ落ちてしまい、手荒れの原因になります。
食洗機を使い、お湯で手洗いする機会が減り、冬場の手荒れから解放された方もいらっしゃいます。

 

デメリット

・予洗いの手間がある
こびりついた汚れは、食洗機だけでは完全に落とすことができず、
食洗機に食器をセットする前に、予洗いが必要になる場合があります。
そのため、手洗いをまったくしなくて良いとは言い切れません。

・使用できない食器がある
デリケートな素材やデザインのもの、軽いもの、規格に合わないものなど、食洗機で洗えないものがあります。

・定期的な手入れが必要
いつも食器をキレイにしてくれている食洗機は、定期的にお手入れが必要です。
食洗機の汚れを長期間そのままにしておくと、カビや異臭、汚れの固着が発生してしまいます。
食洗機の中は常に清潔に保ちましょう。

②ビルトインタイプと据置タイプどっちを選ぶ?

 

ビルトインタイプ

メリット
キッチン天板の下に組み込まれるので、見た目もすっきりし、作業スペースも広くとれます。
上からの出し入れなので、大きなものも楽な姿勢でセットできます。

デメリット
据置タイプと比べて設置が困難。ご自分では設置できません。
また食洗器が入る分、収納が減ってしまいます。

 

据置タイプ

メリット
設置がビルトインタイプに比べて手間がかかりません。ご自分で取り付けられる方もいらっしゃいます。
設置の手間がかからないので、引っ越しや買い替えの対応がしやすくなります。

デメリット
置き場がキッチン天板の上になるので、作業スペースが狭くなってしまいます。

 

食洗機を使用した場合のメリットとデメリット、ビルトインタイプと据置タイプのメリットとデメリットを比較してみました。
これで、ライフスタイルに合った食洗機を選べますね。
上手に活用することで、ぜひ、毎日の家事を楽にしてくださいね。

WRITER この記事を書いたスタッフ

武者 泰介

MUSHA TAISUKE

/営業
スタッフの詳細をみる

Another BLOG!